2010.6.23〜7.4

「浦島氏の教訓」

▼Introduction

誰もが知っているあの昔話。「浦島太郎」とは、いったいどんなお話だったろう。
海岸でいじめられている亀を助けた男は、その亀に御礼に竜宮城に連れて行ってもらい、ひとしきり楽しんだ後故郷に帰ろうとする浦島に、乙姫が帰り際にひとつの箱を渡す。「玉手箱」というその箱は、何故か決して開けてはいけないと言われるが、なのに大事に持って帰り、実は700年がたっていた変わり果てた故郷の様子に失望してその箱を開けてしまい、噴出した煙にまかれて太郎は老人になってしまう。

さて、この話はいったいなんの話なのだろう。
いったい何が言いたいのだろう。
まず、良い事をしたにもかかわらず、この仕打ちはなんだろうか。
かわいそうだが、亀は助けるべきではなかったのか。
そして最大の謎は、何故「決して開けてはいけない箱」などもらったのか。
何故乙姫は、そんな意味のない箱を浦島に持たせたのだろうか。

古くから伝わるこういった話には、何かしら教訓じみたものがつきまとうが、
この話に関しては明らかにそういったものが見あたらない。
そもそも昔話のすべてに「教訓」など求めてはいけないのか。

この夏の殿様ランチの新作は、昔話を現代の設定に置き換える事によって、 全く別の状況から 「浦島太郎」とはなんだったのかの、かなり間近に近づく予定です。
この夏、殿様ランチがお送りする新作にご期待くださいませ。

▼公演期間

2010年6月23日(水)→7月4日(日)

▼キャスト

杉岡阿希子/平塚正信/南あゆ美/小久保剛志/中嶋さとみ/板垣雄亮/足立信彦/高島桂介/加藤弘子/小笠原佳秀/相樂孝仁/服部弘敏

▼スタッフ

脚本・演出:板垣雄亮
舞台監督:吉川悦子
照明:松本大介(enjin-light)
音響:宮崎淳子 (有)サウンドウィーズ
音響オペレート:岸田直人
演出助手:村上典子
音楽:千田学
映像:矢作康在
宣伝写真:向井宗敏
宣伝美術:木田一
制作:林みく(Karte)
企画・制作:TSL・Karte
主催:殿様ランチ
提携:サンモールスタジオ

▼The other members

佐藤玲子/竹内礼美/久野まどか/藤堂敦

▼会場

サンモールスタジオ

ページ先頭に戻る